お持ちのブラウザーでJavaScriptが有効になっていない場合、当サイトのサービスを快適にご利用できない場合があります。ブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてください。
印刷 :
キーボードのCtrlキーと Pキーを同時に押すと、印刷機能がスタートします
トップへ戻る:
キーボードの[Home]キーを押すと、ページトップに戻ります
字のサイズ設定:
IE6の場合、キーボードのALTキーと Vキーを同時に押す→ Xキーを押す →キーボードの (G)最大、(L)大、(M)中、(S)小、(A)最小で適した文字のサイズを選ぶ。
IE7または、Firefoxブラウザの場合は、キーボードの Ctrl + (+)拡大、(-)縮小により、字のサイズを変更できます。
言語選択 :
正體中文
ENGLISH
Tiếng Việ
อักษรไทย
最小浸襲手術および内視鏡センター
メインコンテンツへ移動
榮總院史廳

最小浸襲手術および内視鏡センター

現代の科学技術の進歩に伴い、人々の医療の質に対する要求も年々高まっています。「リスクの最小化」、「傷口を小さく、目立たなくすること」、「痛みを最低限に抑えること」、「術後、最短の時間で回復すること」などが患者側の主な要望です。このため、最小浸襲手術(MIS: Minimally Invasive Surgery)が、現在の医療の潮流となっています。これらを考慮し、当医院は「最小浸襲手術および内視鏡センター」を設立、整形外科・胸腔外科および心臟外科など診療科を越えたチームを結成し、最新の医療機器を導入し、全面的な医療ケアを行なっています。医療に関する科学技術の進歩につれて、手術もより精密なMIS技術へと進み,外科医は内視鏡や各種の影像技術の助けを得て手術の切開範囲をこれまでよりさらに小さくしました。また、切開部分の周りの筋肉やその他の組織への損傷を減少させ、術後の痛みを低下させ、回復期間や入院日数を短縮し、患者さんが出来る限り速やかに元の生活に戻れるようにしました。
相關照片
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
Last updated :
TOP